蒙古高句麗

日本の和歌山県などに伝えられる妖怪。「むくりこくり」ともいう。元寇のとき蒙古と高句麗の連合軍が来襲したことから、子供を泣き止ませる時などに「蒙古高句麗の鬼が来るぞ」などと言ったことに端を発すると思われる。三月三日には山に、五月五日には海に出現するとされ、麦畑では人の姿をとり高くなったり低くなったりしながら現れては消える。海ではクラゲの姿で現れ、群れて漂うという。夜に麦畑で蒙古高句麗に会うと「尻を抜かれる」とされる。蒙古襲来時に水死した人々の霊魂だと伝えられる。

ページにリダイレクトします。