モコ・カーカーリキ

ニュージーランドのマオリ族において、最も恐ろしいとされるアリアー(Ariā)。悪意あるアトゥア(Atua)、あるいはケーフア(Kēhua)(死後も地上をさまよう霊)の顕現とされる。名前は「緑のヤモリ」という意味で、ニュージーランドに実際に生息するヤモリの一種(Naultinus elegans)のこと。独特の笑い声のような鳴き声が死を呼ぶとして恐れられた。死にかけた人間にとりつき、はらわたを貪り食うとされる。

ページにリダイレクトします。