馬鳴菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「アシュヴァゴーシャ(Aśvaghoṣa)」といい、主に中国で崇拝された仏尊。インドの僧で「馬鳴菩薩伝」などにみえる論師馬鳴とは無関係で、「馬鳴菩薩儀軌」などに説かれるもの。養蚕の神であり、信者と国を光明で照らし、金宝を授ける仏尊であるという。 尊容は、群像図の場合は文殊渡海図と似た構造の白雲に乗った姿で描かれ、馬鳴菩薩(Aśvaghoṣa)本尊は白馬の上の蓮台に左足を垂れて腰かけ、白肉色の身色で六臂、持物は籰(いとわく)、火焔、糸、管、与願印、秤。また馬の左右に童子を2人、後方に侍者を3人、馬の前に弟子を1人配置する。 馬鳴菩薩(Aśvaghoṣa) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 馬鳴菩薩(Aśvaghoṣa) 「諸尊図像(写)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 馬鳴菩薩(Aśvaghoṣa) 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。