窮奇

中国神話に登場する怪物。四凶(Si-xiong)の一。凶暴な虎の姿で前足の付け根あたりに翼があり空を飛ぶことができる。性格がひねくれていて、人が喧嘩していると正しい方を食べ、実直な者がいると鼻を食べ、悪人がいると褒美として獣を捕まえて贈るという。もともとはそれほどひどい悪者ではなく、西方の地で害を及ぼす魑魅魍魎の進入を防ぐ役目をしていたとされる。窮奇(Qióng-jī)は最古の地理書とされる「山海経」にも言及されており、それによれば西山の邽山という山の頂上に棲んでいる獣で、姿は牛に似ているが体に生えている毛はハリネズミのようにとがっており、犬のように吠え人を食べるという。ここでは翼に対しては言及されていない。 窮奇(きゅうき) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。