驕虫

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及されている山の神の一人。中山の平逢山という山におり、人に似た姿だが頭は2つあるという。この神は螫虫(セキチュウ=針を持つ虫)を統べる神とされる。

ページにリダイレクトします。