久久紀若室葛根神

「古事記」において羽山戸神と大宜都比売との間に生まれた八柱の御子神のうち末子とされる神。同訓で「久久記若室葛根神」と表記するほか、「若室葛根(わかむろつなね)」と略される。「クク」は草木の伸びるさま、「キ」は木、「ワカ」は美称、「ムロ」は家屋、「ツナネ」は綱根、つまり材木を結い結び家造りをすることだと解釈される。他の御子神が農耕と関連した神名である中、農耕に関連の無い神名に思われるが、新嘗祭のための新室を象徴する神ではないかと考えられている。岡山県新見市神郷高瀬にある「氷室神社(ひむろじんじゃ)」は久久紀若室葛根神を主祭神とする。また奈良県奈良市法蓮町にある式内社「狭岡神社(さおかじんじゃ)」は羽山戸神の御子神八柱を合わせて祀っている。

ページにリダイレクトします。