コヨーテ

狼に似たイヌ科の哺乳類であるコヨーテ(Coyote, Koyote)は、北アメリカに住むネイティブアメリカンにとっては広く知られるトリックスター、つまり悪ふざけや明らかな凶行、或いは意味の通らない突飛な行動によって神話上で活躍する存在である。彼らは部族によって色々な名前で呼ばれる(下記参照)。コヨーテ(Coyote, Koyote)は様々な姿に自由に変身できるが、好んで人間の姿に変身する。そして騙し、詐欺、略奪などの様々な狡猾な行動で物語を引っ掻き回す。コヨーテ(Coyote, Koyote)のようなトリックスターの行動は一見迷惑にしか見えないが、彼らの行動は創造者や変換者といった秩序や正義の側面を持つ者を引き立て肯定するためにも必要な存在といえる。 《コヨーテ(Coyote, Koyote)の様々な名称》 部族 名称 クロー族 イサカウアテ(Isakawuate)/イサカワテ(Isakawate) ハイダ族 イタルパス(Italpas) チヌーク族 イタラパス(Italapas)/イタラパテ(Italapate) ナヴァホ族 マヒナティーヒー(Mahih-nah-tiehey)(Mahih-nah-tiehey) シュスワプ族 セクレプ(Seklep)

ページにリダイレクトします。