香王菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ガンダラージャ(Gandharāja)」といい、「香る王」といった意味を持つため「香王(こうおう)」、「香王菩薩(Gandharāja)」と訳す。また観音菩薩(Avalokiteśvara)の一種とも考えられ、「香王観音(こうおうかんのん)」の名でも呼ばれる。音写では「健陀曷羅社(けんだかつらしゃ)」と記す。一切衆生に隈なく福を施す仏尊であり、香炉から出る香りが辺りに隈なく行き届くのと同じように、その功徳が法界に行きわたるとされる。その像容は白色の身色で天冠を戴き、右手は施無畏印で五指から甘露を垂らし(五道の衆生に施される福を象徴する)、左手は蓮華を持ち胸に当てる。また上には傘蓋を、右手の先には三匹から五匹の黒鬼が描かれる。 香王菩薩(Gandharāja) 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 香王菩薩(Gandharāja) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。