耕父

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及される凶神。中山の豊山にある清泠という淵におり、淵から出入りするときは光を伴うという。この神が現れた国は災いが起こるとされる。

ページにリダイレクトします。