コルンヴォルフ

ドイツの民間信仰における穀物の精霊。「コーンウルフ(Cornwolf)」、「ライ・ドッグ(Rye Dog)」、「ロッゲルフント(Roggerhunds)」などとも呼ばれる。麦の穂が風でさざめくのはコルンヴォルフ(Kornwolf)が麦畑を駆け抜けるからだとされる。畑から出られないコルンヴォルフ(Kornwolf)は、刈り入れの度に最後の穂の一束に閉じ込められてしまう。こうして捕らえられたコルンヴォルフ(Kornwolf)は儀式によって殺されるか、あるいは穂の束ごと保管され春の耕作の時に畑の土に戻される。

ページにリダイレクトします。