コノナトー

オリノコ川流域に住むワラオ族における創造神。名前は「我々を創造した者」の意。伝承によれば人間は元々コノナトー(Kononatoo)と共に天界に住んでいた。やがて空に穴を見つけた人々はその穴から地上に降り立っていったが、太った女が穴に詰まったせいで彼らは天に帰れなくなってしまった。このことに失望したコノナトー(Kononatoo)は彼らの為にもう一つ、空に帰るための穴を作ることを拒否した。

ページにリダイレクトします。