金剛蔵王菩薩

仏教における菩薩の一尊。より正しくは「一百八臂金剛蔵王菩薩(いっぴゃくはっぴこんごうぞうおうぼさつ)」。サンスクリット名「アシュトーッタラシャタブジャ・バジュラダラ(Aṣṭottara-śata-bhuja Vajradhara)」を漢訳したもので音写では「阿瑟吒多羅舍多部惹縛日羅馱落(あしたたらしゃたぶじゃばじらだらく)」と記される。「金剛蔵菩薩(こんごうぞうぼさつ)」と呼ばれる場合もあるが、金剛界曼荼羅の賢劫十六尊中の金剛蔵菩薩(Vajragarbha)とは区別される(同体とされる場合もある)。また蔵王権現を「金剛蔵王菩薩(Aṣṭottara-śata-bhuja Vajradhara)」と呼ぶ場合もあるがこれも別体である。宝生如来(Ratna-saṃbhava)の正法輪身(衆生を導くために菩薩と化した姿)であり、また金剛薩埵(Vajrasattva)の果徳(修行の結果得られる徳)を表現した、いわば金剛薩埵(Vajrasattva)の化身仏でもある。像形は青黒色、十六面百八臂で独鈷、三鈷、輪、剣、宝珠などを手にした姿で現される。胎蔵界曼荼羅の虚空蔵院に千手観音(Sahasrabhuja)に対するように大きく描かれる。 密号は「秘密金剛(ひみつこんごう)」、「持教金剛(じきょうこんごう)」、「立験金剛(りっけんこんごう)」、種字は「हूं(hūṃ)」、印相は金剛羅闍一切見法印、真言は「唵跋折路波婆夜莎訶(おんばざろばんばやそわか)」、三昧耶形は五股杵。 一百八臂金剛蔵王菩薩 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅における図像。百八臂とされるものの実際に描かれている手は九十四臂。持物は三鈷杵、独鈷杵、輪、索、戟、剣、鉤、宝珠、梵篋、棒、花形杵など。

ページにリダイレクトします。