金剛手持金剛菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラハスタヴァジュラダラ(Vajrahastavajradhara)」といい、ヴァジュラハスタは「金剛の腕」や「金剛の手」、ヴァジュラダラは「金剛を持った」と訳せる。このため「金剛手持金剛菩薩(Vajrahastavajradhara)」と訳される。また略して「金剛手菩薩(こんごうしゅぼさつ)」、「手持金剛菩薩(しゅじこんごうぼさつ)」と呼ばれるほか、「嚩日囉呵窣堵嚩日囉馱洛(ばじらかそとばじらだら)」と音写する。胎蔵界曼荼羅金剛手院の第一行(内側)の第三位に金剛使者(左側)と金剛使者女(右側)を脇侍として配される。ここに配される仏尊としてほかに忙莽雞菩薩(Māmakī)がおり、両尊は同尊ともされる。 金剛手持金剛菩薩(Vajrahastavajradhara) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。黄白色の身色で珠のついた冠を戴き、右手は施願印、左手を内側に向け三鈷杵を持ち赤蓮華に坐す。

ページにリダイレクトします。