金剛針菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラスーチ(Vajrasūci)」といい、「嚩日囉蘇脂(ばじらそし)」、「伐折囉素旨(ばさらすし)」と音写する。また金剛針菩薩(Vajrasūci)のほか「大力金剛針菩薩(たいりきこんごうしんぼさつ)」とも呼ばれる。金剛の針のように固く尖った智慧によって一切衆生の願望を貫徹する仏尊とされる。胎蔵界曼荼羅虚空蔵院の南方(右側)下段第三位(中央虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)から数えて右に3番目)に配される。金剛手院に配される発生金剛部菩薩(Vajrakulodbhava)と同体とされる場合がある。像容は肉色の身色で左手に独鈷の乗った蓮を持ち、右手は中指と薬指を親指に付け他の指を伸ばし、白蓮華に坐す。 密号は「精進金剛(しょうじんこんごう)」、種字は「हूं(hūṃ)」、印相は左右の人差し指を立て他の指を内縛(指先を外に出さずに内側に組む)したもの、真言は「南麼三曼多伐折囉赧薩婆達麼儞吠達儞伐折囉素旨嚩囉泥莎訶」、三昧耶形は独鈷杵。 金剛針菩薩(Vajrasūci) 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅虚空蔵院における図像。

ページにリダイレクトします。