金剛説菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラヴィキャータヴァジュラダラ(Vajravikhyātavajradhara)」といい、ヴァジュラは「金剛」、ヴィキャータは「有名な」、「知られている」、ヴァジュラダラは「金剛を擁する」といった意味があるので、「金剛説菩薩(Vajravikhyātavajradhara)」と訳される。また仏典によっては「金剛鋭菩薩(こんごうえいぼさつ)」、「金剛悦菩薩(こんごうえつぼさつ)」などと記述されているがこれらは誤写や誤記ではないかと考えられている。胎蔵界曼荼羅金剛手院の第三行(外側)第二位に配される。その像容は白肉色の身色で左手に三鈷杵の乗った蓮華台を持ち右手は薬指と小指以外を伸ばし、右ひざを立てて赤蓮華に坐す。 金剛銳菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

ページにリダイレクトします。