金剛牢持菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「シヴァジュラダラ(Śivajradhara)」という。「シ(Śi)」や「シャー(Śā)」には「鋭い」や「研ぎ澄まされた」、ヴァジュラダラは「金剛を擁する」といった意味がある。「金剛牢持菩薩(Śivajradhara)」と呼ぶほか、「尸縛日羅駄洛(しばじらだら)」と音写する。一切衆生の真実の理体(本質)を守護する仏尊とされる。胎蔵界曼荼羅金剛手院の第二行(中央行)第二位に配される。像容は白肉色の身色で左手に独鈷杵を持ち、右手は与願印を結ぶ。 金剛牢持菩薩(Śivajradhara) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

ページにリダイレクトします。