金剛王菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュララージャ(Vajrarāja)」といい、「縛日羅羅惹(ばじららじゃ)」と音写する。また訳して「金剛王(こんごうおう)」と呼ばれることもある。金剛薩埵(Vajrasattva)の菩提心の証であり、菩提心を自在に得ることが世間の王に等しいことを持って「金剛王」と称するとされる。胎蔵界曼荼羅では金剛手院で金剛持菩薩(Vajradhara)の右下に侍し、金剛界曼荼羅では十六大菩薩の一尊として東輪阿閦如来(Akṣobhya)の北方(右側)に配される。金剛王菩薩(Vajrarāja)は金剛薩埵(Vajrasattva)の別称として使われることもある。 金剛王菩薩 成身会 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 両手で金剛拳を結び胸の前で交差させる。 金剛王菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 「金剛王儀軌」に拠る四臂像。身は白色で五仏冠を戴き、右手に箭(矢)、金剛拳で金剛鈴、左手に弓、胸に当て五鈷杵を持つ。 金剛王菩薩 供養会 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 三鈷鉤が二本乗った蓮を両手で持つ。 金剛王菩薩 金剛手院 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。