金剛鉤女菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラーンクシー(Vajrāṅkuśī)」といい、「嚩曰朗矩尸(ばじろうくし)」などと音写する。また訳して「金剛鉤女(こんごうこうにょ)」とも呼ばれる。三世諸仏の鉤召の徳を具現化した仏尊であり、胎蔵界曼荼羅の金剛手院において、内列の第2行に、また持金剛鋒菩薩(Vajrāgradhāri)の侍尊として右下に配される。金剛界曼荼羅の金剛鉤菩薩(Vajrāṅkuśa)と同体ともされる。 金剛鉤女菩薩 金剛手院 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 肉色の身色で、左手に三鈷鉤を持ち右手で与願印を結び、左足を立て赤蓮華に坐す。

ページにリダイレクトします。