金剛牙菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。「こんごうがぼさつ」とも。サンスクリット名を「ヴァジュラダムシュトラ(Vajradaṃṣṭra)」あるいは「ヴァジュラヤクシャ(Vajrayakṣa)」といい、「跋日囉薬乞瑟(ばじらやくきしつ)」と音写する。また略して「金剛牙(こんごうげ)」と呼ばれるほか、「金剛夜叉菩薩(こんごうやしゃぼさつ)」とも呼ばれる。金剛夜叉の三摩耶形に住し一切怨敵を降伏させる仏尊であるという。胎蔵界の金剛手院では外列の中央列(第4列)に配し、金剛界曼荼羅では十六大菩薩の一尊として、北輪不空成就如来(Amoghasiddhi)の東方(下側)に配される。 金剛牙菩薩 成身会 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 両手ともに拳にし外に向け胸にあてる。 金剛牙菩薩 微細会 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 両手ともに胸の前で牙の印(人差し指と小指を伸ばした拳)を結ぶ。 金剛牙菩薩 供養会 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 両手で三鈷杵の片方が二本乗った蓮を持つ。 金剛牙菩薩 金剛手院 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 左手に三鈷の片方が立った蓮を持ち、右手

ページにリダイレクトします。