金剛童子

仏教において仏尊の一つで金剛杵の威力を神格化した仏尊。明王(Vidyārāja)部に属するとされる。サンスクリット名を「ヴァジュラクマーラ(Vajrakumāra="金剛の童子"の意)」ないし「カニクローダ(Kaṇikrodha="幼い忿怒"の意)」といい、「嚩日囉倶摩囉(ばじらくまら)」、「迦尼句路駄(かにくろだ)」、「迦抳矩嚕馱(かにくろだ)」などと音写する。また「金剛使者(こんごうししゃ)」とも呼ばれる。「青童子(せいどうじ)」と「黄童子(おうどうじ)」の区別がある。 青童子は「聖迦抳忿怒金剛童子経」に説かれるもので金剛薩埵(Vajrasattva)の化身とされ、像容は三目六臂の瑠璃色身、赤色の目で宝冠を戴き牙が上向きについており下唇を噛み、眉をしかめた忿怒相をとる。海から独身で湧出した仏尊とされ、海中宝山上の蓮華座を左足で踏み、右足は膝近くまで海中に没する。右手は金剛杵、棒、斧、左手に棒、金剛拳、剣を持つ。 黄童子は「倶摩羅儀軌」に説かれるもので無量寿如来(→阿弥陀如来(Amitāyus, Amitābha))の化身とされ、像容は二目二臂の肉色身、髪は逆立ち、若干忿怒相をとり、右手は下向きに軽く伸ばして施無畏印、左手は高く上げ三鈷杵を持つ。右足は青蓮華座を踏み左足は膝を曲げ空を踏む。 金剛童子 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 金剛童子(Vajrakumāra, Kaṇikrodha) 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。