巨門星

仏教において北斗七星(běidŏu qīxīng)の一尊で第二星。「巨文星(こもんしょう)」とも呼ばれる。また陰陽道では「天璇(てんせん)」と呼ばれる。西を司り月曜(Candra, Soma)と火曜(Maṅgala, Aṅgāraka)の精とされ、本地仏は東方にある妙宝世界の「光音自在如来(こうおんじざいにょらい)」あるいは馬頭観音(Hayagrīva)とされる。像容は「尊星王軌」をひいた「覚禅鈔」に拠れば、白黄色の身で左手に月を持つ。 種字は「त्रं(traṃ)」、「रो(ro)」、「हुं(huṃ)」、真言は「唵倶魯陀羅尼吒娑婆呵(おんくろだらにたそわか)」ないし「帰命多羅多羅賀尼莎呵(きみょうたらたらかにそわか)」。 巨文星 「大正新脩大藏經図像部 第7巻」 京都教王護国寺蔵「火羅圖」より 大蔵出版 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。