中国において、紀元前に書かれたとされる地理書「山海経」に見える怪神。龍、或いは蛇の身体に人の頭を持っている。人頭の大蛇神燭陰(Zhu-yin)の息子とされており、黄帝(Huáng-dì)の時代に欽䲹(Qīn-pī)という神ともに天神であった祖江を殺した罪で、黄帝(Huáng-dì)の使者によって鍾山の辺りで殺された。しかしその悪気は鵕鳥(Xùn-niǎo)という名の怪鳥と化した。 鼓(こ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。