鵸鵌

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及されている鳥。「鵸䳜(きよ/Qí-tú)」とも書く。この名前の鳥は西山の翼望山か北山の帯山に棲んでいる烏(からす)のような姿の鳥だという。前者の「鵸鵌(Qí-yú)」は3つ首で尾が6本あり、よく笑う鳥で服用すれば夢にうなされなくなり、また凶を防ぐのに良いという。後者の「鵸䳜」は体が五彩(青黄赤白黒)に彩られ赤い模様の入った鳥で、自ら生殖し食べると悪い出来物ができなくなるという。 鵸鵌(きよ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。