危宿

密教の宿曜道において二十八宿(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)及び二十七宿の一つ。インドでは「シャタビシャー(Śatabhiṣā)="百薬"の意」と呼び、危宿(Śatabhiṣā)、「百毒宿(ひゃくどくしゅく)」、「百薬天(ひゃくやくてん)」と訳すほか、「設多婢灑(せたひしゃ)」、「捨多毘娑(しゃたびしゃ)」、「舍多毘沙(しゃたびしゃ)」と音写する。また日本では「危(とみてぼし)」の和名を当てる。胎蔵界曼荼羅では北方(左側)に配され、像容は右手に赤珠の乗った蓮を持つ。 種字は「श(śa)」、真言は「唵捨多毘娑莎呵(おんしゃたびしゃそわか)」、三昧耶形は蓮上星。 危宿(Śatabhiṣā) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 「七曜星辰別行法」における図像で、危宿(Śatabhiṣā)を司る病鬼王である「丘行先(きゅうぎょうせん)」。 危宿(Śatabhiṣā) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 「諸経通考」における図像 舎夛毗沙 शतबिष 危宿(Śatabhiṣā) 「大正新脩大藏經図像部 第7巻」 京都東寺観地院蔵「護摩爐壇様」より 大蔵出版 Copyright: public domain ※「शतभिषा(śatabhiṣā)」ではなく、「शतबिष(śatabiṣa)」と書かれている。

ページにリダイレクトします。