跂踵

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及される、凶兆とされる鳥の一つ。中山の復州山に棲んでいて、一本足で猪の子のような尾を持った、鴞(ゴウ=ふくろう)のような姿の鳥だという。この鳥が現れた国では疫病がはやるとされる。 跂踵(きしょう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。