金曜

仏教における九曜(Navagraha)及び七曜の一尊。金星のことで、サンスクリットでは「シュクラ(Śukra, Sukra, Shukra)(Śukra)」と称する。漢訳では#kinyouのほか「金曜星(きんようしょう)」、「金星(きんしょう)」、「金精(きんしょう)」、「金大曜(きんたいよう)」、「太白星(たいはくしょう)」、「大白(たいはく)」、「長庚(ちょうこう)」、「那頡(なきつ)」などの名で呼ばれるほか、「戌羯羅(じゅつきゃら)」と音写される。西方を司り、胎蔵界曼荼羅での像容は天衣を着け右手は胸に当て左手は指を曲げて挙げ足を交えて坐す。あるいは瓶や念珠を持った姿や女性の姿で鶏を戴き琵琶を弾く姿。 種子は「शु(śu)」、真言は「唵戌羯羅誐駄嚩 羅惹野 室里迦里 娑嚩賀(おんしきゅやらぎゃだば あらんじゃや しりぎゃり そわか)」。 नायद 那溢 金 「大正新脩大藏經図像部 第7巻」 京都東寺観地院蔵「護摩爐壇様」より 大蔵出版 Copyright: public domain 「那溢(なひつ)」、「नायद(nāyada)」はペルシアで金星の神である「ナヒード(Nahid)」(→アナーヒター(Aāhitā, Anahita))の音写。

ページにリダイレクトします。