木の子

日本の奈良県吉野地方に出現する妖怪。三、四歳の子供の姿で、葉っぱを身につけている、青い服を着ているなどとされるがいずれにしてもその姿は霞の如く影を見るように不確かにしか見えないという。山で仕事をしている者の昼飯を盗んだりするので木の子が来たら棒で追い払うという。

ページにリダイレクトします。