毛羽毛現

全身が長い毛に覆われた犬に似た妖怪。マルチーズ犬のような姿をしている。鳥山石燕著「今昔百鬼拾遺」によれば、全身が赤い毛に覆われているので「毛羽毛現」というのだろうとされているが、そもそも出現することが稀な妖怪なので「稀有稀現」と書くこともあるという。近年の文献によれば疫病神の一種で、縁の下のようなじめじめした場所に棲み、棲みつかれた家からは病人が出るという。「稀有」や「怪訝(けげん=不思議な様)」などの言葉と「毛」を結びつけた石燕の創作妖怪であろう。 毛羽毛現(けうけげん) 1805 鳥山石燕著 「今昔百鬼拾遺(雨)(こんじゃくひゃっきしゅうい・あめ)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 毛有毛現は惣身に毛生ひたる事毛女のごとくなればかくいふか/或ハ希有希見とかきて/ある事まれに見る事まれなればなりとぞ

ページにリダイレクトします。