絜鉤

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている、凶兆となる生物の一つ。東山の䃌山に棲んでいて、鼠の尾を持つ全体としては鳧(ケリ=チドリの仲間)のような姿の鳥で、よく木に登るという。この鳥が現われた国は疫病が流行るとされる。 絜鉤(けっこう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。