火曜

仏教における九曜(Navagraha)及び七曜の一尊。火星のことで、サンスクリットでは「マンガラ(Maṅgala, Mangala)(Maṅgala)」ないし「アンガーラカ(Aṅgāraka)」と称する。漢訳では#kayouのほか「火曜星(かようしょう)」、「火星(かしょう)」、「火精(かしょう)」、「火星曜(かしょうよう)」、「火大曜(かたいよう)」、「熒惑星(けいわくしょう)」、「火熒星(かけいしょう)」、「罰星(ばつしょう)」などの名で呼ばれるほか、「盎哦囉迦(おうがらか)」と音写される。南方を司り、胎蔵界曼荼羅での像容は右手は腰に当て、左手は矛を持ち足を交差して坐す。また北斗曼荼羅では赤色の身色で天衣、天冠を着けた忿怒形で四臂、左手に弓と剣、右手に箭と三股戟を持つ。 種子は「अ(a)」、真言は「唵阿誐羅嚕儗野 莎訶(おんあぎゃらろぎや そわか)」、三昧耶形は戟。 वनहन 雲漠 火 「大正新脩大藏經図像部 第7巻」 京都東寺観地院蔵「護摩爐壇様」より 大蔵出版 Copyright: public domain 「雲漠(うんばく)」、「वनहन(vanahana)」はペルシアで火星の神である「ヴァフラーン(Vahrām)」(→ウルス・ラグナ(Veresraghna))の音写。

ページにリダイレクトします。