猾褢

中国の伝承上の生物。最古の地理書とされる「山海経」にその名がみられる。それによれば南山の堯光山という山に棲んでいる人のような姿の獣で、猪の子供のようなたてがみがあり、木を切るような声で鳴き穴に住み冬眠するという。この獣が現われると県は大きな労役が起こるとされる。 猾褢(かつかい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。