カナッサ

ブラジル中部のシング川流域に住んでいるクイクル族の信じる、世界に光をもたらした神。原初、世界は全くの闇であった。世界に光を灯そうと考えたカナッサ(Kanassa)は、最初ホタルに光を提供してくれるように頼むがこれは断られた。そこでカナッサ(Kanassa)はハゲワシの王ウグウブ=クエンゴ(Ugwvu-Cuengo)の元に行き、足を掴んで、空から燃えさしを持ってこなければ足を離さないと脅した。こうして燃えさしを手にしたカナッサ(Kanassa)はそれから火を起こそうとしたが、カエルが水をかけてそれを邪魔しようとした。そこでカナッサ(Kanassa)は蛇の力を借りて火を水辺から安全なところに移し、ようやく天空に火がもたらされた。アヒルに泳ぎを教えたり、ホウカンチョウに羽の頭飾りを与えたのもカナッサ(Kanassa)だとされる。

ページにリダイレクトします。