神世七代

日本記紀神話において、天地開闢から現われた七代に渡る神を神世七代、或いは「天神七代(てんじんしちだい)」と称する。造化の三神、別天神といった3,5,7の奇数によって分けられた観念の3番目の「7」にあたり、これは奇数を陽数として尊ぶ中国の思想を反映したものであると考えられている。 神世七代(古事記に拠る) 一代 国之常立神 二代 豊雲野神 三代 男:宇比地邇神 女:須比智邇神 四代 男:角杙神 女:活杙神 五代 男:意富斗能地神 女:大斗乃弁神 六代 男:於母陀流神 女:阿夜訶志古泥神 七代 男:伊邪那岐命 女:伊邪那美命

ページにリダイレクトします。