カマプアア

ポリネシアのハワイ諸島の神話に登場する原初の巨大豚。名前は「豚の子」を意味し、その鼻を使って海の底からハワイの島々を持ち上げたとされる。ハワイ諸島の島々の間の海峡や島にある湖はカマプアア(Kamapua'a)の歩いた跡だとされる。カマプアア(Kamapua'a)は性欲が旺盛で、よく女神や人間の女を追い掛け回し、その間に多くの怪物を誕生させた。しかし火山の女神ペレ(Pele)に拒絶され、ペレ(Pele)に与した神々によって低地地方へ追いやられた。それ以来ペレ(Pele)は高地、カマプアア(Kamapua'a)は低地に住んで顔をあわせないようにしているが、二人が会ってしまった場合は闘争が始まるので地震が起こるとされている。

ページにリダイレクトします。