猳国

中国四川省の高山に住んでいたとされる猿に似た怪物の一種。干宝著の「捜神記」に詳しく書かれている。「攫猿(かくえん)」、「馬化(ばか)」とも呼ばれる。全身毛むくじゃらで身長は170cmほどあり直立歩行するとされる。メスの猳国(Jiā-guó)は存在せず、オスのみなので、人間の女の匂いを嗅ぎ分けて特に美人だけをさらって女房にするという。さらわれた女は子供を産むと、子供と一緒に家に返された。しかし子供が生まれない女は返してもらえず、いつしか猳国(Jiā-guó)と同じ姿となり、自分が人間であったことさえ忘れてしまう。子を産んだ場合は母親と子供ともに家に送り返される。この子供を死なすと母親も死んでしまうとされるので周りは猳国(Jiā-guó)の子であろうとも一生懸命育てる。この子供は猳国(Jiā-guó)に似ず、人間と変わらないが「楊」の姓を名乗るという。

ページにリダイレクトします。