カカモラ

ソロモン諸島の南東端にあるサンクリストバル島に住む人々の信仰における小さな精霊達の総称。「カカンゴラ」とも呼ばれる。近隣の島では「カカンゴラ(Kakangora)」ないし「プワロンガ(Pwaronga)」と呼ばれることもある。カカモラの大きさは非常に小さなものから人間の膝の丈ほどのものまで様々だが、一様に長い髪、長く鋭い爪と歯を持っていると考えられている。森の中の洞窟や聖樹バンヤンに彼らの王や女王と共に住んでいて、金銭を蓄えるのが大好きだとされている。 カカモラ(Kakamora)は昔は人間狩りをしてその肉を食べていた。人間の住む家を覗き込んでは殺す機会を見計らっていたという。しかし、髪の毛をつかみカカモラ(Kakamora)を壁の隙間から引っ張り出してお尻を突っつく────という撃退方法を人間が見つけてからは、カカモラ(Kakamora)は人間、特に子供たちにいたずらを仕掛けるのを控えるようになったと言う。カカモラ(Kakamora)はまた、白いものが苦手だとされる。

ページにリダイレクトします。