開敷華王如来

仏教における如来の一尊。「開敷華王仏(かいふけおうぶつ)」とも。漢名はサンスクリット名である「サンクスミタラージャ(Saṃkusumitarāja=満開の花の王)」を意味訳したもの。「三句蘇弭多羅惹(さんくそみたらじゃ)」などと音写する。胎蔵界五仏のうち南方に配され、金剛界五仏の宝生如来(Ratna-saṃbhava)と同体とされる(→五智如来(Pañca Buddha, Dhyāni Buddha, Pañca kula-tathāgata))。草木がいつか花開くように、修行によって菩提心を開かれることを具現化した仏とされる。像形は赤黒色の袈裟を通肩(つうけ=両肩を通すこと)に着て左手は衣の端を握り臍前に置き、右手は施無畏印を示す。偏袒右肩(へんたんうけん=右肩だけ袖を通すこと)で描かれる場合もある。 開敷花王如来 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。