カダクラン

フィリピンのルソン島の山岳地帯に住むティンギアン人が信仰する雷神。キマット(Kimat)という忠犬とともに空の上に住んでいるとされる。カダクラン(Kadaklan)が特別な儀式が必要だと感じれば、キマット(Kimat)は家でも樹木でも人間にでも噛み付く。これが落雷である。 カダクラン(Kadaklan)は「もっとも偉大なる神」と呼ばれているにも関わらず、ティンギアン人の尊敬を受けておらず、祖先霊の方がはるかに大きな崇拝を受けている。これはティンギアン人にとって最も重要なものが葬儀であり、死者がマグラワと呼ばれる地下世界に無事行き着けることが重要だからだという。また一説にはカダクラン(Kadaklan)の出自がティンギアン人自身のものではなく、フィリピンを武力支配したスペイン人(雷は銃を意味すると考えられる)が転じたものだからともいわれる。

ページにリダイレクトします。