化蛇

中国の最古の地理書とされる「山海経」に言及されている、凶兆となる生物の一つ。中山の陽山を流れる、伊水(伊河)の支流である陽水という川に棲息している。頭は人、体は豺(サイ、山犬)で全体としては蛇の姿をしており翼を持っている。わめくように鳴くという。この獣が現われた国は洪水に見舞われるとされる。 化蛇(かだ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。