カブラカン

マヤの一部族キチェ・マヤ族に伝わる聖書「ポポル・ヴフ(Popol Vuh)」に見える巨魔。ヴクブ・カキシュ(Vucub Caquix)の次男。カブラカン(Cabracàn)とは「地震」といった意味があり、彼はその名の示す通りの怪力で、山々を簡単に突き崩しては、自分は山をくつがえす男だと豪語していたという。彼は父や兄のシパクナ(Zipacnà)と一緒になって人間たちを支配しようともくろんだため、神によって滅ぼされたという。

ページにリダイレクトします。