十羅刹女

仏教において法華経と法華経の持経者を守護するとされる十人の羅刹女(Rakshasi, Rākṣasī)の総称。元々は人の精気を奪う鬼女であったが鬼子母神(Hārītī)らとともに入仏し、心を改め神女となった。同じく法華経の守護者とされる普賢菩薩(Samantabhadra)の眷属とされる。 《十羅刹女とされる十尊》 漢名 梵名 01 藍婆(Lambhā)(らんば) ラムバー(Lambhā) 02 毘藍婆(Vilambhā, Vilambā)(びらんば) ヴィラムバー((Vilambhā) 03 曲歯(Kūṭadantī)(きょうし) クータダンティー(Kūṭadantī) 04 華歯(Puṣpadantī)(けし) プシュパダンティー(Puṣpadantī) 05 黒歯(Makuṭadantī)(こくし) マクタダンティー(Makuṭadantī) 06 多髪(Keśīnī)(たはつ) ケーシニー(Keśinī) 07 無厭足(Acalā)(むえんそく) アチャラー(Acalā) 08 持瓔珞(Mālādhārī)(じようらく) マーラーダーリー(Mālādhārī) 09 皐諦(Kuntī)(こうたい) クンティー(Kuntī) 10 奪一切衆生精気(Sarvasattvojohārī)(だついっさいしゅじょうしょうき) サルヴァサットヴォージョーハーリー(Sarvasattvojohārī)

ページにリダイレクトします。