十王

中国、日本における独自の仏教信仰において、地獄にいるとされる死者を裁く十人の神の総称。中国の「預修十王生七経」や日本の「地蔵菩薩発心因縁十王経」に説かれる十王の固有名のほとんどは中国のものでありなおかつ道教と混交している。日本では閻羅王、つまり閻魔(Yama)が、中国では泰山王つまり泰山府君(Tài-shān fŭ-jūn)がとくに重要視される。十王は一般的に笏を持ち道服を着た忿怒形であらわされる。 《『玉歴至宝鈔』における十王》 名称 説明 誕生日 第一殿 秦広王(Qín-guǎng wáng)(しんこうおう) 人間の寿命と吉凶を決める。 2月1日 第二殿 楚江王(Chŭ-jiāng wáng)(そこうおう) 活大地獄、剥衣亭、寒泳地獄の主。 3月1日 第三殿 宋帝王(Sòng-dì wáng)(そうていおう) 黒縄大地獄の主。 2月8日 第四殿 五官王(Wŭ-guān wáng)(ごかんおう) 合大地獄、血の池地獄の主。 2月18日 第五殿 閻羅王(Yán-luówáng)(えんらおう) 叫喚地獄の主。 1月8日 第六殿 卞城王(Biàn-chéng wáng)(べんじょうおう) 大叫喚地獄、枉死城の主。 3月8日 第七殿 泰山王(Tài-shān wáng)(たいざんおう) 熱悩地獄の主。 3月27日 第八殿 都市王(Dū-shì wáng)(としおう) 大熱悩地獄の主。 4月1日 第九殿 平等王(Píng-dĕng wáng)(びょうどうおう) 阿鼻大地獄の主。 4月8日 第十殿 転輪王(Zhuàn-lún wáng)(てんりんおう) 各地獄からの報告で転生の区別を決める。 4月8日 ※誕生日は旧暦によるもの。 《「仏説地蔵菩薩発心因縁十王経」における十王》 忌日 名称 本地 初七日 秦広大王太素好広真君(しんこうだいおうたいそこうこうしんくん) 不動明王(Acalanātha)(ふどうみょうおう) 二七日 初江大王陰徳定体真君(しょこうだいおういんとくていたいしんくん) 釈迦如来(しゃかにょらい) 三七日 宋帝大王洞明善静真君(そうていだいおうどうみょうぜんせいしんくん) 文殊菩薩(Mañjuśrī)(もんじゅぼさつ) 四七日 五官大王広徳五霊真君(ごかんだいおうこうとくごれいしんくん) 普賢菩薩(Samantabhadra)(ふげんぼさつ) 五七日 閻羅大王最勝耀霊真君(えんらだいとうさいしょうようれいしんくん) 地蔵菩薩(Kṣṭitigarbha)(じぞうぼさつ) 六七日 変成大王宝粛昭成真君(へんじょうだいおうほうしゅくしょうせいしんくん) 弥勒菩薩(Maitreya)(みろくぼさつ) 七七日 泰山府君玄徳妙生真君(たいざんふくんげんとくみょうせいしんくん) 薬師如来(Bhaiṣajyaguru)(やくしにょらい) 百日 平等大王無上正度真君(びょうどうだいおうむじょうしょうどしんくん) 観音菩薩(Avalokiteśvara)(かんのんぼさつ) 一周忌 都市大王飛魔演慶真君(としだいおうひまえんけいしんくん) 阿閦如来(Akṣobhya)(あしゅくにょらい) 三回忌 転輪大王五化威霊真君(てんりんだいおうごかいれいしんくん) 阿弥陀如来(Amitāyus, Amitābha)(あみだにょらい)

ページにリダイレクトします。