十二天

日本仏教において、八方を司る八方天に上方(天)・下方(地)と日月を加え十二尊としたもの。全ての天・竜や鬼神、星宿などを統べる力を持つとされる。 《十二天の各尊》 方位 名称(漢名・梵名) 東 帝釈天(Śakra-devānam-indra)(たいしゃくてん) シャクラ(Śakra) 東南 火天(Agni)(かてん) アグニ(Aguni)(Agni) 南 閻魔天(Yama Deva)(えんまてん) ヤマラージャ(Yamarāja) 西南 羅刹天(Rākṣasa)(らせつてん) ラークシャサ(Rakshasa, Rākṣasa)(Rākṣasa) 西 水天(Varuna)(すいてん) ヴァルナ(Varna)(Varuṇa) 西北 風天(Vāyu)(ふうてん) ヴァーユ(Vāyu)(Vāyu) 北 毘沙門天(Vaiśravaṇa)(びしゃもんてん) ヴァイシュラヴァナ(Vaiśravaṇa) 東北 大自在天(Maheśvara)(だいじざいてん) マヘーシュヴァラ(Mahesvara)(Maheśvara) 上 梵天(Brahmā)(ぼんてん) ブラフマー(Brahma, Brahmā)(Brahman) 下 地天(Prtivī)(じてん) プリティヴィー(Pṛthivī)(Pṛthivī) 日 日天(Āditya, Sūrya)(にってん) アーディティヤ(Āditya)ないしスーリヤ(Surya, Sūrya)(Sūrya) 月 月天(Candra)(がってん) チャンドラ(Chandra, Candra)(Candra) ※西南は涅哩帝王(ねいりちおう)/ニルリチ(Nirṛti)とされる場合がある。 ※東北は伊舎那天(Īśāna)(いしゃなてん)/イーシャーナ(Īśāna)とされる場合がある。 ※下は堅牢神(けんろうじん)/ダラニーダラー(Dharaṇīdharā)とされる場合もある。

ページにリダイレクトします。