十二宮

メソポタミアを起源とする横道十二宮の考え方がインドの天文学・占星術を元として密教にとりいれられたもの。サンスクリットでは「ラーシ(Rāśi)="宮"の意」、「ラーシチャクラ(Rāśicakra)="宮の輪"の意」などといい、十二宮(Rāśi)のほか「十二房(じゅうにぼう)」とも呼ばれる。太陽の天球の通り道を星座の名の元に12分したものであり、それぞれの宮は吉凶や種々の物事と関連付けられている。十二宮(Rāśi)はすべてが月天(Candra)の眷属とされ、胎蔵界曼荼羅の外金剛部院に四方に分けて配されるほか、星曼荼羅にも見られる。 《十二宮(Rāśi)》 方角 漢名 梵名 北 師子宮(Siṃha)(ししぐう) シンハ(Siṃha) 北 女宮(Kanyā)(にょぐう) カニヤー(Kanyā) 西 秤宮(Tulā)(ひょうぐう) トゥラー(Tulā) 西 蝎宮(Vṛścika)(かつぐう) ヴリシュチカ(Vṛścika) 西 弓宮(Dhanus)(きゅうぐう) ダヌス(Dhanus) 南 摩竭宮(Makara)(まかつぐう) マカラ(Makara) 南 瓶宮(Kumbha)(べいぐう) クンバ(Kumbha) 南 魚宮(Mīna)(ぎょぐう) ミーナ(Mīna) 東 羊宮(Meṣa)(ようぐう) メーシャ(Meṣa) 東 牛宮(Vṛṣa)(ごぐう) ヴリシャ(Vṛṣa) 東 男女宮(Mithuna)(なんにょぐう) ミスナ(Mithuna) 北 蟹宮(Karkaṭaka)(かいぐう) カルカタカ(Karkaṭaka)

ページにリダイレクトします。