ジョナジ・ベラチナ

サポテカ南部のコアトランにおける女神。コアトランの主神ベネラバ(Banelaba)の配偶神であり、ベネラバ(Banelaba)が太陽神で戦いの神であり、男性のみに崇拝が許されるのに対応して、ジョナジ・ベラチナ(Jonaji Belachina)は死と地下世界の神であり女性のみ崇拝が許される。「三匹の鹿」を意味する「ショナシ・ペオチナ・コヨ(Xonaxi Peochina Coyo)」という別名がある

ページにリダイレクトします。