除障仏頂

仏教において仏陀の頭頂の功徳を仏尊とした仏頂尊(Buddhoṣṇīṣa)の一尊で五仏頂および八仏頂の一。サンスクリット名は「ヴィキラノーシュニーシャ(Vikiranoṣṇīṣa)」といい、「ヴィキラナ」には「粉々に砕く」、「ウシュニーシャ」は「肉髻」といった意味があり、「除障仏頂(Vikiranoṣṇīṣa)」という名のほか、「捨除仏頂(しゃじょぶっちょう)」、「除一切蓋障仏頂輪王(じょいっさいがいしょうぶっちょうりんのう)」、「除業佛頂(じょごうぶっちょう)」、「摧砕仏頂(さいさいぶっちょう)」、「尊勝仏頂(そんしょうぶっちょう)」などの名前でも呼ばれる。また「尾枳囉拏半祖鄔瑟尼灑(びきらなはんそうしゅにしゃ)」と音写される。一切の煩悩を捨除する徳を司るという。胎蔵界曼荼羅において釈迦院下段左側四列目に配される。尊容は現図では黄色の身色で、左手で独鈷杵の乗った蓮を持ち、右手は中指以外を立て胸に当て赤蓮華に坐す。 密号は「除魔金剛(じょまこんごう)」、「降魔金剛(ごうまこんごう)」、種字は「ह्रीं(hrīṃ)」、「हृं(hṛṃ)」、「ह्रूं(hrūṃ)」、印相は鉤召印、真言は「曩莫三曼多沒馱喃訶啉尾枳囉拏半祖鄔瑟抳灑娑婆賀(のうまくさんまんたぼだなんかろんびきらどはんそうしゅにしゃそわか)」、三昧耶形は金剛鉤ないし蓮華鉤。

ページにリダイレクトします。