イポタミス

中世ヨーロッパの旅行記に登場する想像上の動物の一つ。水陸両生の動物で、半分が馬で半分が人間の姿をしているという。人間を常食するという危険な生物。カバの姿がひどく歪曲され記録されたものと考えられている。

ページにリダイレクトします。