イピリア

オーストラリアのアボリジニ、イングラ族におけるヤモリの精霊で雨をもたらす。髪の毛とヒゲのある巨大なヤモリで、身体は虹色に輝いているという。ずっと沼の底に眠っているが、一年に一回起きて草と水で腹を満たしそれを一気に空に吹き上げ雨雲を作る。イピリアの住む沼は聖域であり、人間が入り込んだりすると雨期が訪れなくなるとされた。

ページにリダイレクトします。