飯依比古

記紀神話における地霊。伊邪那岐命と伊邪那美命による国産みの際生まれた14島の2番目で、大八島に属する伊予之二名島(いよのふたなのしま=現在の四国)のうち、讃岐の国、つまり香川地方を神格化した存在。神名の「飯(いい)」は穀類のこと、「依(より)」は物が集まること、「比古(ひこ)」は男子に対する尊称で、食べ物に不足しない地であることを表したものであろう。

ページにリダイレクトします。