フスパリム

中世後期ヨーロッパにおける想像上の生物。医師兼旅行家であったアンブロワーズ・パレによって言及されているもの。その姿は馬ぐらいの巨大なマーモット(リスの一種)のようで大きな丸い頭に小さな耳、サルのような顔を持ち、無毛で赤い斑点に体を覆われているという。エチオピアに生息しており、ザコテラ(Zocotere)島の人々はフスパリム(Huspalim)を檻に入れて飼っていたという。 フスパリム(Huspalim) 1575 アンドレ・テヴェ(André Thevet)著 「普遍宇宙誌(La cosmographie universelle)」より フランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France)蔵 Copyright : pubric domain

ページにリダイレクトします。